教育ローンは金利比較して選んでますか?金利の相場を把握して申し込みを

教育ローンというローンをご存知ですか?教育ローンとは使途が教育に関連する費用に限定されたローンです。

受験を控えた学生の親御さんなどが学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の学校であっても利用対象となります。

融資してくれる金融機関は銀行やノンバンクになります。

気を付けなければいけない点として金融機関によっては保育園の費用や習い事には利用不可としているローンがあります。

カードローン型と呼ばれる教育ローンがあることを知っていますか?一般的なカードローンと同じでカードの限度額の範囲内なら自由に借り入れや返済を行なえるといったローンになります。

通常のカードローンとどこが違うのかというと使途が教育資金に限られるということです。

消費者金融や信販会社に多い商品ですがカードローン型を提供している銀行もあります。

学費が明確になる初年度は一括借入れ型で詳細が未定な2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

高校生の学費といっても私立なら年間70万円以上もかかります。

学費が払えないとどうなるか?最悪の場合、除籍や退学をさせられてしまいます。

高校は教育機関のため、一定の猶予が与えられますが3か月以上滞納すると除籍もしくは退学を迫られる可能性がでてきます。

学費が払えないときの解決策となると、借金ということになりますが借入先は慎重に選ぶことが大切です。

国の教育ローンを利用すれば世帯年収が低い方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

大手・地方問わず銀行の教育ローンは普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較すると融資金額も大いですしローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

この頃はネットバンクもだいぶ普及してきているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座を所有していなくても申し込めるローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。

また、住宅ローンの利用でも金利が安くなる銀行もあります。

教育ローンの申し込み方法は郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。

郵送の場合は事前に電話などで申込書を請求します。

その後書類がお手元に届いたら必要事項を記入し、返送することになります。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査を申請するのもネット上で行うことができますしとても便利ですよね。

一通り仮審査申し込み手続きが完遂したら受付け完了メールが届くはずですから、必ず確認してください。

学校に通うためにアルバイトしているという人でも収入があれば教育ローンを借りることは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人でないと融資を受けることはできません。

ローンを契約するにあたり、安定した収入が必須となっている金融機関も多いので勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。

返済能力も審査をクリアする上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入が必要になると考えておきましょう。

いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金を申請した方が現実的だと思います。

教育ローンといえどもローン契約に変わりないので利用する際には審査に通る必要があります。

審査を受ける際に用意しなければいけないものがあり、本契約までに全て揃えておかなければなりません。

ネットで申し込んだ場合借入申込書は必要ありませんが収入証明は必須です。

その他、運転免許書やパスポートなどの本人確認書類や公共料金の領収書なども必要です。

何より一番肝心な書類は在学証明できる書類や合格通知、入学許可書になります。

教育ローンによる融資の受け取り方の1つとして全額一気に振り込まれる一括借入れ型があります。

要は住宅ローンのように一括で入金されるタイプの融資です。

銀行などはこの一括借入れ型になります。

一括借入れ型の主な特徴としてローンが契約成立したら、並行して返済金額が確定されるということです。

返済計画が立てやすいというメリットがありますが計画的に融資を使っていかないと、不足した時に新たにローンを組まなければいけないなんてことになってしまうかもしれません。

参考:教育ローン審査甘い?低金利でおすすめの銀行一覧【審査基準】

教育ローンの返済方法について紹介します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から開始となります。

利息に関しましては通常、借りた日の翌日から発生しますが埼玉りそな銀行などは在学中は利息のみでOKとしています。

教育ローンの返済期間については医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言っても借金なので返済シミュレーションを必ず行い、返済プランをきちんと立てることが大切です。

低金利有名な教育ローンと言えば国営の教育一般貸付です。

年1.76%(固定金利)で銀行やノンバンクのローンよりもかなり安いです。

銀行の場合3から5%、ノンバンク系であれば5から10%が一般的なので国のローンがどれだけ低金利なのかがわかりますね。

学費以外にアパート代やパソコン購入費など幅広く多様な使い道に対応可能となっています。

ただし、国の教育ローンは低所得者の方のためのローンですので対象となるのは高校や大学などで学びたいという中学校卒業以上の子供になります。